hi_time

好きなことを好きな時に好きなだけ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ダヴィンチ・コード

なにかと話題なこの映画、公開初日に見に行きました。
映画見たの久々やな~。映画館行ったのも久々やな~~。
自称映画好き返上か?ってほど。
映画専門ブログの方もすっかり放置状態ですが(汗
だって見てないし~~~レンタルすら。
感想はそっちにアップします。しばし待て。

なんでこれに限って初日に張り切って見に行ったかというと
うちら夫婦二人とも好きなジャンルなのです。
ヨーロッパ史、絵画、神話、ローマ・キリスト教文化、などなど
それに付随するものも好きで、特にダーはそういう事に関しては
無駄に詳しく(笑)「へぇ」を連発することが多々あります。

ダヴィンチ・コードは、宗教知識の薄い人には100%楽しめないし
好き嫌いの分かれる作品じゃないかと思う。
私は原作をまだ読んでないけど、読んだ人からしたら、
よく出来ているという人と、原作を映像化しきれていないという批判が
あるけど、これはどんな作品でも言われること。
原作も映画も、キリストに関する説*については
フィクションだろうがノンフィクションだろうが
どっちでもいいと思うんやけど、このへんが
無神論派の日本人らしい感想なのかな?

この作品を見るために、京都市内にできた二つ目のシネコン
二条駅に隣接した複合ビル、vivi二条内にある
TOHOシネマズ二条に初めて行ってきました。
事前にネットでチケット予約をしていったので余裕余裕。
映画館に到着した頃には、当日分は完売してました。
20時台のレイトだったので1200円也。ちょっとお得
昔は先行レイトに二人でよく行ってたけど
最近は世界同時公開なんてものが流行ってるからねー。

前にも言ったかもしれないけど、最近の映画は
映画館の大画面で、しかもいち早く見たいと思える作品がなくて
映画館に足を運ぶ機会が極端に減ってます。
次、映画館に行くとしたら、パイレーツオブカリビアンかなぁ(笑)



ダヴィンチ・コードで描かれている、キリストに関する説とは

イエスは神ではなく、人間であるとする説。
また聖書にも登場する「マグダラのマリア」はイエスの配偶者であり、磔にされた際にはイエスの子を身籠っており、信者によってその血族は守られ、現在まで末裔は存在しているとされる。
レオナルド・ダ・ヴィンチはその秘密を知るシオン修道会に属しており、彼が描いた「最後の晩餐」の中に、その事実を描き込んだとされている。ヨハネとされているイエスの左隣にいる人物が、マグダラのマリアであるという。
このある種大胆な仮説について、バチカン及びキリスト教団体はこぞって反発。原作本の不買運動など、世界中で波紋を呼んでいる。
現にバチカンの書店に原作本は置かれていないらしい。
スポンサーサイト

テーマ:個人的な映画の感想 - ジャンル:映画

  1. 2006/05/20(土) 22:37:55|
  2. movie
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<春の装い | ホーム | 母の日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hitime55.blog103.fc2.com/tb.php/86-37f22158
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yupu

Author:yupu
京都在住、同い年のダー様と
小人2人と4人暮らし。
着物にお熱、でもしばらくおあずけ…
着物専用ブログ↓
http://demetel.269g.net/

食べログ


口コミグルメサイト[食べログ]

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。