hi_time

好きなことを好きな時に好きなだけ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

求む。活字。

唐突に来る、活字渇望症状。

宮部みゆきが読みたくなって、思わず購入。

09032101.jpg

宮部みゆきは好きな作家の筆頭です。
ミステリー、ファンタジー、時代物となんでもござれ。
しかもどの作品も、人物が目に浮かぶような描写力、
語り口は巧妙で構成も上手い。
人間味のあるストーリーで、時に物悲しく、時に切なく、時に晴れ晴れと。
登場人物の一人一人がとても生き生きと動き回り
読み終わってしまうのが残念なくらい。

江戸・深川を舞台にした時代小説「ぼんくら」と
その続編に当たる「日暮らし」計5冊。
昼休みにちょこちょこ読んで、あっという間に読み終わってしまった~

通称「鉄瓶長屋」で起きた殺人事件。
そこから徐々に浮かび上がる、大店・湊屋の謀。
主人公の同心・井筒平四郎に、私はすごく好感が持てる。
出世の為に仕事に励むわけでも無し、面倒な事には頭を突っ込みたがらない。
自らを「ぐうたらなだけだ」と臆面もなく評する。
その一方で義理堅く、思いやりに溢れていて、
人の気持ちを蔑ろにした湊屋のやりように憤る場面など、
私も思わず、平四郎の言う通りだ!と思ったりした(笑)

至極頭のいい甥っ子・弓之助、長屋の煮売屋・お徳、岡っ引きの政五郎などなど、
平四郎を慕い、信頼する人々の気持ちもよくわかる。
お勧めです。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2009/03/22(日) 18:26:37|
  2. favorite
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<結婚パーティー | ホーム | ランチ難民>>

コメント

わたしもです

おつかれさまです。

わたしもなぜかここ数ヶ月 基本的にきらいな読書に興ずることが多くなり、
でも性格的にずぼらなので、数冊を各箇所におき気の向いたときに読むという
同時多発読書を続けています。

以前いつか読むと思ってかいためたのを引っ張り出してる程度ですが、、、

ちなみに今は 種村季弘さんの 江戸東京《奇想》徘徊記をトイレで。これ最高です。 
これよむと東京でつい裏道にはいったり、神社や寺や石碑に近づきたくなります。

梅原猛の天皇家の"ふるさと"日向をゆく を読み終わり、
今回の出張はカフカの変身と、ボリスヴァインの日々の泡をいうセンチメンタル&ハードボイルドに移行中ですっ

  1. 2009/03/24(火) 23:20:10 |
  2. URL |
  3. きち #-
  4. [ 編集]

きちさま

読書、嫌いなんや(笑)なんか意外です。

同時多発読書。。。私はしないなぁ。
ひとつ読み出すとそれにどっぷり浸かって、一気に読みます

>種村季弘さんの 江戸東京《奇想》徘徊記
> これよむと東京でつい裏道にはいったり、神社や寺や石碑に近づきたくなります。

そういうのいいですねぇ~~
でも私は東京に行く事がない(笑)
京都でその手の本は多々ありそう!

私は今、友達から借りた東野圭吾の分厚~~い「白夜行」を読んでます。
これを読み終わったら、また宮部みゆきか
伊坂幸太郎の「ラッシュライフ」!
  1. 2009/03/26(木) 21:16:29 |
  2. URL |
  3. yupu #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hitime55.blog103.fc2.com/tb.php/282-4860202e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yupu

Author:yupu
京都在住、同い年のダー様と
小人2人と4人暮らし。
着物にお熱、でもしばらくおあずけ…
着物専用ブログ↓
http://demetel.269g.net/

食べログ


口コミグルメサイト[食べログ]

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。