hi_time

好きなことを好きな時に好きなだけ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

手術当日

私が入ったのは4人部屋。
同室のおばちゃんが夜中に荷物がさがさ出したり、
何かをがっしゃん落としたりする物音がうるさくて
あんまし寝られなかった。


6時前から看護士さんたちが行き交う足音や声で目が覚める。
7時起床。8時に朝食だけど、私は朝から絶食。
看護士さんが体温、血圧、血中酸素と脈拍を計りに来る。
お昼頃に入浴なんで呼びに来ますと言われる。
することないし本を読んでると、
9時位に別の看護士さんに入浴してくださいと言われる。
言われるがまま入浴して手術着に着替える。

しかし問題のお通じがまだない。
昨夜飲んだ下剤は8時間後くらいから効くけど、
人によっては遅いらしい。
10時半くらいまで待って、トイレで頑張ってみたけど出ない。
だって昨日の夜、家で出たんやもん…。
看護士さんもどうしようか悩んではったけど、
結局浣腸することに…。
すごいね、ソッコーで出ました!
夕飯食べてるから多少はあったんだろうけど。
その後呼ばれて点滴を注してまた待機。
麻酔医師の説明を受けて、同意書にサイン。
本読むのにも疲れて横になってたら、
看護士さんが移動式のベッドを持って呼びに来た。
いよいよだ。

筋肉注射をして、鬱血を防ぐための、圧力の高い靴下を履いて、
移動式ベッドに横になる。
手術室に運ばれて、鼻から管を入れられる。
麻酔は点滴?吸うやつ?
そのへんからあんまり覚えてない。

手術は予定では15時からで、早ければ30分位で終わり、
麻酔から覚めれば病室に戻るらしいので、
ダーには16時か17時位に来ればいいと言ってあったんやけど、
実際病室に戻って来たのは20時過ぎだったらしい。
それだけ手術が長引いたってことだ。

麻酔から覚めて、ごめんなさい、石取れなかったっていう先生の声が聞こえた。
かなり奥まで探ったけど届かず、これ以上いくと
神経に影響が出て合併症の危険もあるので断念したらしい。
麻酔から覚めた直後の私は意識ははっきりしてたけど、
すごく息苦しくて息をするので精一杯。
ダーが手を握って話し掛けてくれてるのもわかるんやけど、
舌が思うように動かないので上手くしゃべれない。
意識も戻ったし、呼吸もできてるし、
先生がもう大丈夫ですよ、とダーに言ってるのが聞こえた。
面会時間も終わってるし、やんわり
「もう帰って結構です」という感じ。
ダーは別室で手術の詳細を執刀医の先生に説明をうけて、帰ったみたい。

後で聞くと、ダーはその晩眠れなかったらしい。
大丈夫って言われても、あちこちに管がついて、
呼吸器で苦しそうに息をしてるのを見ればねぇ。
私はというと、息苦しさは続き、
管がついてるせいで一晩中寝返りがうてずに背中と腰が辛かった。
看護士さんは30分おきに体温、脈拍、血圧、血中酸素を計りにきて、
時々お茶を飲ませてくれた。
口の中が渇いて、唾液を飲み込むと喉が痛む。
寝てるのと起きてるのの境目あたりを
ずっと行ったり来たりしてる感じだった。
スポンサーサイト

テーマ:病院日記 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2008/01/28(月) 13:54:05|
  2. medical
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<術後一日目 | ホーム | 手術前日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hitime55.blog103.fc2.com/tb.php/217-5927e4b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

yupu

Author:yupu
京都在住、同い年のダー様と
小人2人と4人暮らし。
着物にお熱、でもしばらくおあずけ…
着物専用ブログ↓
http://demetel.269g.net/

食べログ


口コミグルメサイト[食べログ]

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。