hi_time

好きなことを好きな時に好きなだけ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

京都のうまいもん しば漬け

うちはみんな漬け物好きで、消費量が激しいっす。
何でも好きやけど、私のお気に入りはこれ。


ニシダやのしば漬け。
「ここのしば漬けを食べたら他のは食べられない」
とはいわないけど。 なければ普通のも食べます(笑)
でも、明らかに違うのは分かります。
香り、風味、歯触り。やっぱりニシダやのが美味しい。

これ、正式な商品名は「志葉漬風味 おらがむら漬」
店は東山七条の南、今熊野にあります。
数年前までこのすぐ近所に住んでて、店の前を通ると
いつもお客さんがいっぱいで、ここ美味しいのかな~なんて
思ってたんですけど、買ったことはなかったんですよ。
知ったのはダーのうちで出されてから。
ダーの家では、しば漬けといえばここの。
1袋なんてあっというまになくなるので、最低3袋は買います。
京都は美味しい漬け物が多くて幸せ~(^_^)
うまいもんの漬け物シリーズ続くかも。
スポンサーサイト

テーマ:♪おすすめ♪ - ジャンル:グルメ

  1. 2006/01/27(金) 15:17:44|
  2. foods
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

iMac大進化!!

1998年に発売になった初代iMac。
改めて見ても、このころんとしたフォルム
中が透けて見えるスケルトンボディ、
オーストラリアの海を思わせる緑がかった青色
やっぱりかわええな。。。場所とるけど。重いけど。
これを買ったところから私のネット人生?が始まったのです。

しかし。あれから約8年。
ついに世代交代の日がきてしまった。
届きました、新型iMacが!


薄い!省スペース!速い!快適!いいこと尽くめだよ。。。
これが、その新iMacで初の書き込み。
ボンダイブルーiMacよ、さよーなら・・・
といっても捨てないけどね。

テーマ:Mac - ジャンル:コンピュータ

  1. 2006/01/25(水) 15:19:41|
  2. diary
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Sofmapデート

我が家にはMac4台+Win2台、計6台のPC。
一人に一台以上あります(^^;)
ダーがデザイン、お兄さんが建築関係ということもあって
昔からMac党。私もその影響で、買ったのはiMac。
それも初代ボンダイブルー。こいつは今も現役。
メモリは最初に増設してあるけど、今となっては
処理速度は遅い遅い、IEでサイトを読み込むと
メモリが足らないとかエラー出まくるけど、現役。
でもねー、ダーのMacもG2やし、今後家で作業する事も
考えると、もうそろそろ限界かと・・・

そんなわけで、ついに買っちゃおうかと!!
これですこれ、新型iMac!! intel入ってるですよ。
Sofmapの店頭でさんざんいじって、いざ店員捕まえたら
在庫0だってさ(-_-;)初回分完売らしい。
次回入荷日も未定って・・・
しゃーないし、Apple Storeで買うかと。
サイトには2~4日でお届けって書いてある。ほんまか?

今日は小正月で朝からぜんざいしか食べてない。
これも初めて聞く習慣。。。
鏡開きをして、その餅でぜんざいを食べるのは聞くけど
それは朝ご飯とかお昼ご飯とは別じゃないの??
まぁそれはおいといて、小腹がすいたので
京都駅ビルにある、ラーメンテーマパーク
“拉麺小路”まで行って、またしてもラーメンを食う。

1/20で閉店するという札幌ラーメンの店「月見軒」に入る。
15時だというのに、席はほとんど埋まってる。
euripides-2006-01-15T15_22_31-2-thumbnail2.jpgeuripides-2006-01-15T15_22_31-3-thumbnail2.jpg

札幌と言えば味噌でしょう!
味噌コーンバターと塩を注文。どちらも美味い!
塩は昨日食べた京都五行のより、断然こっちが好き。
麺はつるつる、歯ごたえもよくて美味い~
ダーも「久々に美味い味噌に出会った!」と
スープまで完食。満足満足♪

テーマ:Mac - ジャンル:コンピュータ

  1. 2006/01/15(日) 15:24:20|
  2. diary
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

土曜の夜はどこも満席

今日は地元の友人が京都に出てくるので
夕食を一緒に食べようと言う事で、最初は
堺町通り蛸薬師下がるの「ダイニングバー玄玄」に
行こうと思ったけど、電話したら満席。
次に烏丸錦西入るの「まんざら亭NISHIKI」に電話したら
ここも満席。そりゃ土曜の19時やもんね…。
とりあえず、まんざら亭に待つの覚悟で20時に予約。
でもどっか待たずに入れるとこないかな~と
年末に行って閉まってた、「京都五行」に電話してみる。
そしたら運良く、今会計を済ましてる客がいるとのこと。
ラッキー!そんなわけで、まんざら亭はまた今度。

前にも書いたけど、ここは九州のラーメン店「一風堂」が
プロデュースする、ラーメンが食べられる居酒屋。
一品料理を肴にお酒を楽しんで、締めにラーメンというわけ。
表には待つ人の行列が出来てたけど、悠々と中に。
電話しといて良かった~。
モルガンお雪の邸宅を改装したもので、実際入ってみると
思ったよりも広い。内装もなかなかお洒落。

お酒は日本酒、焼酎もあって○。
料理は沖縄風あり、韓国風あり、味もいい。

さてラーメンはというと
euripides-2006-01-15T18_14_11-2-thumbnail2.jpgeuripides-2006-01-15T18_14_12-3-thumbnail2.jpg

焦がし醤油と塩を頼んでみた。
焦がし醤油は麺が中太平打ちの黄色い卵麺(?)
スープは黒いけど、そんなに濃くなく、香ばしくて美味しい。
塩は長浜系の超細のストレート麺。どちらも麺は硬めで私好み!
塩は私にはちょっと塩辛く感じたな。
もうちょっと柔らかい味の方が好きやな~。

総評としては、また行きたいかと言ったら行ってもいい。
ラーメンも美味しかったし。
でも最後のラーメンを意識するあまりか、料理の品数が少ない。
ご飯メニューは少なくてもいいから
もうちょっとバリエーションが欲しいな。

テーマ:+お外でごはん+ - ジャンル:グルメ

  1. 2006/01/14(土) 15:25:33|
  2. restaurant
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

肉はもういいよ…

ダーとは学生時代からの付き合い。
当時はなるべくお金を使わないデートをしてたし
たまの外食がモスモスやサブウェイだったり(笑)
そして奮発して焼肉行くぜ!となると
決まって食べ放題。風風亭とかチファジャとか。
昔は一食に5000円以上かけるなんてとんでもなかったな。

そんな私達も、社会人になってからは少しずつ外食のレベルも上がり
美味しいものを食べる楽しみに目覚めてしまった…。
高いお金を出せば美味いものが食えるのは当たり前。
でも、それだけのお金を出しても食べたい、
食べる価値のある物もあるのですよ。うん。
うちらにとってそのひとつが、西院にある焼肉店「有楽」。
euripides-2006-01-08T20_58_11-2-thumbnail2.jpg

西大路四条を下がり、一つ目の信号を東へ入ると左手に
小さな看板が出てます。店はそこから更に北へ細い路地を入った所。

euripides-2006-01-10T00_23_26-2-thumbnail2.jpg

まずはやっぱりユッケでしょう!
euripides-2006-01-08T20_58_12-3-thumbnail2.jpg

そしてタン塩。これ、二人前。
幅30cmはゆうにある大皿に広がるタン。。。素晴らしい。
タン刺しも美味い~。
euripides-2006-01-08T20_58_12-4-thumbnail2.jpg

この日頼んだ肉は、上ロース二人前、上バラ二人前、天肉二人前
上ミノ二人前。一番手前が上バラです。
テーブルに並んだ肉の量に、ちょっと頼みすぎた?と焦る私に
ええぐらいやろ。と言い放つダー。
写真では見にくいけど、すっっごいサシが入ってます。
euripides-2006-01-08T20_59_53-2-thumbnail2.jpg

上バラの脂が燃える!!柔らかい!!美味い!!
ここの肉は、ロースが既に他店のカルビほどに脂がのってて
ロース=赤身だという概念は破壊されます。
普通の人ならロースだけでかなりの満足度だと思われ。
脂好きな人は上バラもどうぞ。
euripides-2006-01-08T20_59_53-3-thumbnail2.jpg

そして、ここに来る目的だと言ってもいい絶品テールスープ。
euripides-2006-01-08T20_59_53-4-thumbnail2.jpg

こんなにでかい肉塊が。
肉の出汁と絶妙の塩加減。うまうまです!
テールクッパも食べたかったけど、この日は結局
この大量の肉+チシャ菜とスープでお腹いっぱい。
あ。ちなみに予算はちょっと高め。
初めてきた時は二人で12000円くらいやった。
この日は17000円超えました。。。
どー考えても肉食い過ぎ(^^;)すごい量やったもん!
・・・全部食べたけど(笑)
帰り道、他の焼肉店の匂いに「肉はもういい…」
と、思わずつぶやくyupuでした。。。

テーマ:焼き肉 - ジャンル:グルメ

  1. 2006/01/10(火) 15:32:10|
  2. restaurant
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

別れ

義母は4人兄弟の末っ子。
亡くなったのは一番上の兄の奥さん、つまり義母にとっては義理の姉。
然し、義母にとっては母同然に慕った人でした。
それというのも、義母の生母は彼女を生んで間もなく亡くなり、その後迎えられた継母とは心を開いた関係を築く事は出来なかったそうです。
当時小学生だった彼女を、一回り年の離れた義理の姉が母親代わりとなって何かと面倒を見てくれたそうです。
年の違わない甥・姪達と兄弟のように育ち、やがて高校を出て家を出る時も就職先を紹介してくれ、この家に嫁ぐところまで送り出してくれたのはその義姉でした。
しかし長男の嫁である彼女の人生は苦労が絶えず、やがて一家離散。
兄弟は京都・大阪に散り、義母の実家は無くなってしまいました。
その後も義姉は気丈に三人の子供を立派に育て、孫も大きくなり、70歳を過ぎた頃、突然倒れました。
詳しい事は判りませんが、入院生活は3年にもなり、最後は言葉も不自由になって、自発呼吸もできなくなったそうです。

2日にお通夜、3日の今日告別式が行われ、私も同行しました。
披露宴をしなかったこともあって、親戚一同にきちんと私を紹介する機会もなかったので、「こんな時でなんやけど、おめでとう」と言われる事しきり。
遺影は花と一緒に写ったとても綺麗な写真で、生前も綺麗な人だったそうです。
ついに私は直接会う事はなかったけれど、集ったみなさんに本当に愛されているのだなぁと感じ、目頭が熱くなりました。
例え親しい間柄でなくとも、やはり故人を悼む心は胸を打ちます。

義母は「いつかはこの日が来ると覚悟していた」と言います。
「むしろ良く保った」という人もいます。
人生80年とはいえ、天寿を全う出来る人は何割いるでしょう。
私の祖母は65歳で亡くなりました。癌でした。
祖母の亡骸に泣いてすがりつく母の姿。
火葬場への曲がりくねった山道、煙突から高く登る煙。
みんなが黒い服を着て、うつむいて暗い顔をした人やすすり泣く人、、、
私は小学校にも上がっていなかったけど、お葬式の時の記憶は鮮明に残っています。

死は何人にも平等にやってきます。
でもそれが「いつ」「どのように」なのか、それは誰にもわかりません。
いつか、それは知らぬうちにやってきて、大切な人を手の届かないところに連れ去ってしまう。
覚悟する間すらない場合もあるでしょう。
将来、自分の親や兄弟、または夫や子供を見送る立場になった時、自分が毅然としていられる自信はありません。
もしかして私自身、大切な人を残して先に旅立ってしまうかもしれません。
それがいつなのか分からないからこそ、一日一日を大切に生きなくてはいけない。
するべきことを後回しにしてはいけない。
伝えるべき言葉はきちんと伝えなくてはいけない。
命の火が吹き消されてしまってからでは、取り返しが付かないのだから。

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

  1. 2006/01/03(火) 15:35:17|
  2. diary
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

京都のお正月(わが家の場合)

1.へっつい餅(へっついさん)

  丸餅の上に、ちぎって小さくつまんだ餅(へそ)をつけたもの。
  鏡餅の略式。台所、水周り、机に、半紙またはかわらけ(素焼きの小皿)に乗せて置く。

2.お雑煮

  白味噌。餅は丸餅で焼かずに入れる。
  具は祝大根(人参くらいの小振りの大根)と頭芋(里芋で代用)。
  お雑煮に入れる餅は元旦に一個なら、2日は二個、3日は三個と増えていく。
  減ってはいけない。

3.お節

  家長の挨拶の後、「お祝いやす」と言い、まず大福茶(結び昆布+梅干し+緑茶)を頂く。
  お節は黒豆、数の子、田作りは必ず食べる。三が日の間、朝はお節を食べる。

4.お箸

  人数分の柳箸を用意して、箸袋に名前を書いておく。
  食事をしたらお茶で洗って箸袋に戻し、15日まではこの箸を使う。
  基本的に洗剤では洗わない。


こんな感じですが、他の京都の家庭でも同じなんでしょうか?
簡略化してるところが多いでしょうねー。
ダーのうちは祖母がいたので、しっかりと受け継がれているようです。
これをどこまで残していくのか、難しいとこやなー。

テーマ:お正月準備 - ジャンル:結婚・家庭生活

  1. 2006/01/02(月) 15:44:54|
  2. diary
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明けましておめでとうございます

2006年、平成18年です。
みなさま、良い年をお迎えでしょうか?
昨年2005年は、今までの私の人生の中でも
忘れられない一年となりました。
いつまでも今の気持ちを忘れずに、二人仲良く
年を重ねて行けたらいいなと思います。

さてさて、ダーの実家での年越し。
実は付き合ってる頃にも何度かお邪魔したことがあり
ダーの部屋で二人で年越し蕎麦を頂いたりしてました。
小振りのお重におせちのおすそわけも頂いたり。
家では紅白→ゆく年くる年を見るのが慣例らしく
紅白が終わる頃には家族揃ってお蕎麦を食べます。
euripides-2006-01-01T13_30_54-2-thumbnail2.jpg

今年はにしんそばでした。(毎年ではないらしい)
私は初めてやったんやけど、にしんの身が硬めやなーという印象。
買ってきたやつを乗せたので、味はいまいちだったらしい。
今まで食べる機会がなかったけど、ほんまに美味しいにしんそば
というものを食べてみたい気になったな。

euripides-2006-01-01T17_19_33-2-thumbnail2.jpgeuripides-2006-01-01T17_19_33-3-thumbnail2.jpgeuripides-2006-01-01T17_19_33-4-thumbnail2.jpg


我が家のおせち、三段重。
京都ならではなのは、やっぱり棒鱈の煮付けかな。
干してカチカチの棒状になった鱈(だから棒鱈)を
一週間かけて水で戻し、煮付けたもの。
他は一般的な、黒豆・田作り(ごまめ)・栗きんとん
きんかんの甘煮・たたきごぼう・とこぶし・蕗の煮しめ
蓮根煮しめ・金時人参煮しめ・菊花かぶ
これらは全部お義母さんの手作り。
今年は私達息子の嫁二人がお手伝いしたけど
今まで一人でやってきたのかと思うと頭が下がります・・・
今回は補助的なことしかしてないし、次回はもうちょっと
本格的に習って、一人でも作れるようになりたいな。


テーマ:お正月準備 - ジャンル:結婚・家庭生活

  1. 2006/01/01(日) 15:49:42|
  2. foods
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

yupu

Author:yupu
京都在住、同い年のダー様と
小人2人と4人暮らし。
着物にお熱、でもしばらくおあずけ…
着物専用ブログ↓
http://demetel.269g.net/

食べログ


口コミグルメサイト[食べログ]

カレンダー

12 | 2006/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。